【オスカル初期型②】組み立てていくで!パーツが大きいからスグできる!

マシーネンクリーガー オスカル

【オスカル初期型②】組み立てていくで!大きい箱のわりにスグできよる!

このStayHomeでのゴールデンウィークを利用してオスカルを組み立てていきました。
パーツ数は少ないので、ガンガン進んでいけます。

 

オスカル

 

まずは、底のメッシュ部分です。
これはエッジングパーツになっているので瞬間接着剤でつけます。

一員は、ボークスさんの黒い剛着を使用しました。

 

オスカル

 

ノイス頭は合わせ目が水平に入ります。
リモネンセメントでがっつりムニュづけして、
4日くらい乾燥させはみ出た部分を古いアートナイフでカンナがけして処理します。

 

合わせ目消しについてはこの記事にまとめてんで
K.K
合わせ目消し
リモネンセメントを使った合わせ目消しを写真で解説

リモネンセメントを使った合わせ目消しを写真で解説 プラモデルを始めて合わせ目消しにチャレンジしたいけど、 接着剤のニオイが家族にとって迷惑にならないか悩んでませんか? そんなときは、タミヤのリモネンセ ...

 

 

真鍮線の曲げ方

 

この写真は手すりがプラパーツなので、それを真鍮線にするために折り曲げてるものです。

プラパーツだとゲート跡の処理とパーティングラインの処理がめんどくさいので、真鍮線を曲げて代用します。
キットにも真鍮線は同封されているので新しく用意する必要はありません。

ノギスでプラのパーツの直径を測って、同じサイズの真鍮線を曲げていきます。

 

道具があればプラパーツより圧倒的に早く制作が進むし、精度も高くなるのでおすすめです。
何度でも失敗できるしね。

塗装後にポキって折れるよりかはここで、真鍮線にしておいたほうがあとあとスムーズです。

 

 

オスカル

 

組み上がってきました。この写真は上部のパーツたちです。

首の部分(写真の右にあるグレーでサフチェックしてるパーツ)も合わせ目がでます。
ですが、アートナイフのアクセスもしやすくとくに難しいわけじゃないです。

 

ノイスヘッドの右側(写真は裏面なので左になってます)の合わせ目を消したほうがセクシーなんじゃないかと、
あとで気づいたので、溶きパテで隙間を埋めて乾燥中の写真になってます。

あと顔面もじゃっかん隙間があったので、流し込み接着剤を使って輪ゴムで固定して乾燥させています。

 

 

オスカル

 

下半身ですね。
手すりを真鍮線に置き換えて、モールドを取り付けて、スモークディスチャージャーをつけるだけで、ストレートに組んでます。

サフチェックをする前に真鍮線には、このガイアのプライマーを使ってます。
筆で塗ってあげればバッチリです。

 

まずは、この部分だけでグレーのサーフェイサー500番でサフチェックをしました。
とくにどこもいじってないので、修正ありませんでした。

そのままマホガニーでとりあえず下地のサーフェイサーを吹いて、上半身を待つ状態にしてます。
できる工程はどんどん進めていくスタイルです。

ようはサフを吹いてから塗装までの乾燥時間をしっかり確保したいからですね。
ラッカーが芯の芯まで乾いてもらって、がっつりプラに食い込んでから塗装始めたいですね。

 

 

オスカル

 

組み上げたところです。
ノイスヘッドのサフチェックを終えて、残っていたパーツを組み上げている状態です。

 

首はなんかABS製の細いマッチ棒みたいなやつで可動する感じです。
首を可動させる予定もないので、一番良いなって角度でABS用接着剤を使ってガッチリ固定してやりました。

 

アジアの一員
首を可動させたくなったら新しいキット買うか、切断して真鍮線に置き換える勢いやで

基本的に、すべての関節をドロドロの接着剤で固定して、サフを吹くっていう作り方してます。

 

 

 

下地はマホガニーでいきました。
塗装プランは全然決まってないので、決まるまでは乾燥時間ということにしてます。

サーフェイサーの吹き方についてはこの記事にまとめてんで
K.K
サーフェイサーの吹き方
サーフェイサーの吹き方で気をつけることって、1つだけやろ!

サーフェイサーの吹き方で気をつけることって、これだけやろ! 塗装にチャレンジしようと思って調べてるとサーフェイサーなるものを下地に塗る必要があることを知ります。 そんなモデラーのために、サーフェイサー ...

 

 

このキッドを使った記事

マシーネンクリーガー オスカル
【初期型オスカル⑦】砂漠ウェザリングして完成させました

砂っぽい感じにウェザリングをして完成しました!   俯瞰で見てみてー 前面に砂がこびりついた感じにしました。 しましたが、一員としてはまだまだやりようはあった気がします。。。 アジアの一員次 ...

マシーネンクリーガー オスカル
【オスカル初期型⑥】白い認識帯を描くときにコツ

【オスカル初期型⑥】白い認識帯を描くときにコツ 塗装ができてきたので、これに白い認識帯を描いていきます! 白はもっとも筆のタッチがでるんですよね。 普段から筆のタッチを意識して出していこうとしてるんで ...

マシーネンクリーガー ファルケ
【オスカル初期型⑤】デカール貼ったら筆のタッチより浮いてるなってときは

【オスカル初期型⑤】デカール貼ったら筆のタッチより浮いてるなってときは 筆塗りで全部仕上げたのに、 大きめのデカールを貼ったときなんか浮いてるって感じないですか?   この上の写真がその例で ...

マシーネンクリーガー オスカル
【オスカル初期型④】塗装した後に鋳造表現したくなったときの方法

【オスカル初期型④】塗装した後に鋳造表現したくなったときの方法 最近、筆塗りをもっと上手くなりたいなと思い、 アクリル塗装の教科書みたいな本を買いました。 その1つの学びの中に、下地を立体的に盛ること ...

マシーネンクリーガー オスカル
【オスカル初期型③】箱絵の砂漠迷彩にチャレンジしました

前回のマホガニーのサーフェイサーを吹いてから4日くらい放置してガチガチに乾燥してから、 下地の色塗っていきました。 塗装1層目 園児塗り 下地の色は、いつもと違うやりかたにしたかったので、子供に塗って ...

マシーネンクリーガー オスカル
【オスカル初期型①】キットレビュー 見たことないくらい大きいパーツ入ってる

【オスカル初期型①】キットレビュー ウェーブ マシーネンクリーガー SK362 Pnzer Spahwagen オスカル初期型 Amazon     Waveから出てるオスカル初期 ...

 

 

オスカル初期型のココがおすすめ

エッジングパーツがありますが、本体下部なんでどれだけ失敗しても大丈夫です。
見ることはないです。

ノイスヘッドの合わせ目消しをするのであれば、
ラッカーパテなどでの充填処理がいると思われます。

ノイス特有の反重力ユニットが余剰パーツとして残るので
ノイスポッターやクラッケンフォーゲルなんかで失敗しても1機死ぬことができます。

オスカル自信はパーツが大きくどんどんできるので楽しいです。
合わせ目消しさえできれば素直に作れるキットと感じます。

 

 

最後まで読んでくれておおきに
アジアの一員

 

 

 

\新発売キットは密林が最安/

\探してたキットが見つかる/

駿河屋 検索[マシーネンクリーガー]

 

ホームへ

 

\フォロワーにシェア/

Copyright© アジアの模型 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.