【ルナガンス①】ノイスヘッドをキレイに組み上げるで

マシーネンクリーガー ルナガンツ

ノイスヘッドをキレイに組み上げるで

ホルニッセやらジェリーやらを組み立ててる合間にルナガンツをコツコツ作ってました。
あいまあいまで作っているとホントいつの間にか完成してますね。

もちろん浮気して作ってるので本制作はどんどん遅くなるですが。

ルナガンツの制作過程からノイスヘッドを中心に紹介していきます。
ノイスヘッドについては3体目なので随分作業が慣れてきたのでここで一発まとめておきます。

 

 

ノイスヘッドってパーツ合いクセあるよね

ノイスポッターの頭部がクレーテに載ってる機体がガンツです。
なんでみんなノイスポッターの頭部分をノイスヘッドって呼んでますよね。

このランナーは旧キットの日東時代のものを転用してるんだと思います。

旧金型のためパーツの合いに癖がありますね。

 

ルナガンツ

 

この側面がバッチリ合わさらないんですよね。
裏から見ると透けて見えます。

 

なのでサフチェックをしてから溶きサフを塗って合わせ目をキレイに仕上げてます。

ちなみに合わせ目消しはリモネンセメントでムニュつけをして4日間乾燥させて削るクラッシクスタイルです。
今回は輪ゴムでバキバキに固定したんですが、どうしてもこの側面がぴったりならなかったですね。

ただマシーネンクリーガーのすごいところは合わせ目消しをしなくても、めちゃかっこいいんですよね。
先生の造形センスもさることながら、パーツ分割の設計も組んでて楽しいです。

なのでノイスヘッドはべつに合わせ目消しをしないバリエーションがあってもいいと思います。
というか今度それにチャレンジしてみます。

 

 

前面のディテールアップすんで

ルナガンツ

 

この顔面の1時と10時の丸い凸モールドが甘いんですよね。

金型を上から抜く都合上、こういう側面のモールドって甘くなってしまいます。
いつもこれを削り取って、作り直してます。

 

 

ルナガンツ

 

削るのは、デザインナイフで削ぎ落としていきます。
そして、120番のスポンジヤスリがいいです。ゴリゴリいけます。

削ったあとに、もともとどこについてたっけ?ってなるのでポンチで穴あけて目印にしてます。

 

 

ルナガンツ

 

240番スポンジヤスリで仕上げます。

横道それますが
透明パーツの接着をサフが乾ききる前にくっつけたおかげで縁がもにょもにょになりました。
スポンジヤスリやすりで削ればキレイになるんでしょうが、これはこれでかっこいいのでこのままにして進めます。

 

こーいう偶然できた汚いところはあえて残すのも味わいが増していいですよね。

 

 

ルナガンツ

 

みんな大好きwaveのディテールアップパーツを取り付けます。

接着は流し込みじゃなくて粘土が高いリモネンセメントでバッキバッキに取り付けるのが最近のお気に入りです。

 

 

あとはストレートに組んできます

ルナガンツ

 

お腹の部分ですね。

一部オリーブ色のパーツがありますが、これ紛失してしまって陸戦ガンツから拝借しました。
その後、見つかったので陸戦ガンツにルナガンツのものを取り付けました。

マシーネンクリーガーのいいところはパーツが流用されているので紛失しても他のキットから拝借し放題なんですよね。
それに流用パーツを掲示板とかに書き込むと親切な人が、どのキットがルーツかっていうのも教えてくれます。

パーツなくしても全然なんとかなるので慌てないです。

 

 

ルナガンツ

 

足回りですね。

合わせ目消ししたあとに、太ももが左右逆に取り付けてしまったことに気づきました。
再度、合わせ目消したところを割ってムニュづけしなおしてます。

Youtubeじゃなくてアマゾンプライム見ながらだとこういう間違いしちゃいますよね。

 

 

ルナガンツ

 

組み立てが最後まで行ってませんが、全体を組み合わせてサフチェックしてるところです。

組み上げたあとにサフチェックすれば見えないところを修正せずに済みます。
それにこの修正期間にサフがバッキバッキに乾燥するので、塗装の食いつきも良くなっていきます。

そういう効果を狙って区切りのいいところでサフチェックしながら組み立てていくスタイルです。

 

 

ルナガンツ

 

左に見えるのは陸戦ガンツのパンツァーシュレックです。2機分ありますよね。

はい。そーなんですよね。

ホルニッセとP.K.H 極初期型と初期型、それにコンラートを並行して作っていきながらその合間にジェリーを組んで、
その合間にルナガンツ組んでます。そーしてガンツ組むならと陸戦ガンツおかわりで2つも同時に作ってます。

アジアの一員
積んでない。積んでないからいいやろ

と作らずに積んでいるよりかはッ!って思って並行に作りすぎてますよね。

 

 

完成しました

ルナガンツ

 

脚部のシェルツェンは省いてます。

極初期型として組んでみました。
武装を持たないルナガンツなので戦わずに退却するんで軽量のほうがいいやろうということで省きました。

 

 

ルナガンツ

 

サフはブラックを選びました。

ホワイト一色で塗り上げるつもりなので、
はじめっからホワイトよりかはブラックからホワイトにいかに立ち上げていくかっていうところに挑戦したいのです。

それに月面無人2足歩行戦車なので重量感を出したいっていう狙いもあります。
ホワイトだとあまりにもプラが透けてしまうので。

あと繰り返しになりますが、ブラックだと塗り残ししてしまっても違和感が無いんですよね。
それがなんせ大好きです。

次は塗装の記事書いていきます。

 

 

 

 

マシーネンクリーガー ルナガンツ
【ルナガンス④】完成したから一眼レフで撮影したで

完成したから一眼レフで撮影したで なかなか納得できる仕上がりにできました! ただ、一眼レフでの撮影技術がまだまだです。 修行あるのみですね。     お尻のウェザリング加減見てぇ ...

マシーネンクリーガー ルナガンツ
【ルナガンス③】仕上げ塗装とクリアーでグラデーションしていくで

仕上げ塗装とクリアーでグラデーションしていくで 下地塗装は順調にタッチを重ねていい風合いになってくれました。 ほんとはもう少し調整したいのですが、先にデカールを貼っちゃいます。   めちゃシ ...

マシーネンクリーガー ルナガンツ
【ルナガンス②】ルナガンツをホワイト一色で塗装していくで

いつのまにか組み上がってたルナガンツの塗装していくで いつのまにかルナガンツ組み上がってました。 ジェリーとホルニッセなどを組み上げている隙間時間というか、息抜きに組み立てていました。 ルナガンツ以外 ...

マシーネンクリーガー ルナガンツ
【ルナガンス①】ノイスヘッドをキレイに組み上げるで

ノイスヘッドをキレイに組み上げるで ホルニッセやらジェリーやらを組み立ててる合間にルナガンツをコツコツ作ってました。 あいまあいまで作っているとホントいつの間にか完成してますね。 もちろん浮気して作っ ...

 

最後まで読んでくれておおきに
アジアの一員

 

 

\東京、大阪、札幌、静岡で募集中/

駿河屋登録制アルバイト募集中

アジアの一員
休日に交通費もらって駿河屋で働いたあとプラモ買って帰れるやん

マシーネンクリーガーの始め方/How to start Ma.k

 

step
1
世界観とカンタンな歴史

マシーネンクリーガーのはじめ方【初心者向け】

マシーネンクリーガーのはじめかた 模型誌やらTwitterやらでたまに見かけるマシーネンクリーガーってよく知らないけどめっちゃかっこいいですよね? アジアの一員このページに訪れていただいた方は、 wi ...

step
2
製作についての心得

マシーネンクリーガー ケーニヒスクレーテ
マシーネンクリーガーの塗装と製作

誰でもできるマシーネンクリーガーの作り方 このページは 模型雑誌やSNSでチラッと通り過ぎるめちゃくちゃかっこいいマシーネンクリーガーだけど、いまいちどうやって作っていいかわからない。筆での塗装は敷居 ...

step
3
必要な工作テクニック

ゲート処理
マシーネンクリーガーの工作テクニックを完全網羅まとめ

マシーネンクリーガーの工作テクニックを完全網羅します マシーネンクリーガーを始めようとしたときに、どんな模型テクニックが要求されるのかわかりませんよね? 実は、初歩的な模型テクニックのみを組み合わせる ...

 

最新の記事/Recent

シーピッグ マシーネンクリーガー
【シーピッグ】購入の背中を押すキットレビューと製作と塗装のポイント

シーピッグを買おうと迷っている人に向けて 可愛い豚鼻シーカーに心を奪われて購入したはいいけど、 自分に作れるか迷ってこのページに訪れたモデラーのために、 キットの内容物と製作時に気をつけたポイントを紹 ...

ファルケをリペイントしてヨ式1年塗りしてみました

ファルケをリペイントしてヨ式1年塗りしてみました 昔に作った模型を改めて見てみると、未熟な塗装が気になりますよね。 それは、自身が塗装の技術が少しずつ進化していたった証で嬉しい反面、 飾っているとなん ...

SG初期型 レインボウエッグ マシーネンクリーガー
【SGプラウラー初期型】ファイヤーボールをレジンキット改造していきます

【SGプラウラー初期型】ファイヤーボールをレジンキット改造 レインボウエッグ様のレジン改造キットを手に入れることができました。 素体キットはwaveのファイヤーボールです。バックアップがレジン改造キッ ...

 

シャッフル記事/Shuffle

マシーネンクリーガー グッカー ケッツァー
【ケッツァー/グッカー④】スプリング工作めっちゃカンタンにできる方法

ラッカーパテの乾燥しているあいだに   ほかのパーツもどんどん組み込んでいきます。 1日あたりに少しづつしか模型の時間は取れませんが、 乾燥時間ならいっぱい取れるので、気長にパテの修正をしな ...

サーフェイサーの吹き方
サーフェイサーの吹き方で気をつけることって、1つだけやろ!

サーフェイサーの吹き方で気をつけることって、これだけやろ! 塗装にチャレンジしようと思って調べてるとサーフェイサーなるものを下地に塗る必要があることを知ります。 そんなモデラーのために、サーフェイサー ...

マシーネンクリーガー 陸戦ガンス P.K.A
【陸戦ガンス】【P.K.A H0】シュトラール3色迷彩で塗ってみた【新たなダメージ表現】

シュトラール3色迷彩で塗ってみた ホルニッセを作ったときに、コンラートとP.K.AのH0とH1と3つ同時に作ってました。 そのうちコンラートは完成させてたんですが、H0とH1は乾燥という名の放置をして ...

 

\買取金額が商品の検索でわかる/

買取強化

アジアの一員
贖罪への道へいざなってくれはる

 

キットレビュー/Review

マシーネンクリーガー ケッツァー グッカー
【ケッツァー/グッカー①】コンラートとグスタフを夜戦仕様に改造する

コンラートとグスタフを夜戦仕様のケッツァーとグッカーに改造した 日東のコンラートとグスタフをレジン改造パーツを使って、それぞれをケッツァーとグッカーにしてみました。 レジン改造パーツは駿河屋さんで見つ ...

マシーネンクリーガー ホルニッセ
【ホルニッセ①】キットレビューすんで!

ホルニッセ買ったからキットレビューすんで! ついにホルニッセを買いました。 いま制作を進めているんですがこのブログにキットレビューの記事でもアップする一歩があれば、 完成まで駆け抜けれるんじゃないかと ...

マシーネンクリーガー オスカル
【オスカル初期型①】キットレビュー 見たことないくらい大きいパーツ入ってる

【オスカル初期型①】キットレビュー ウェーブ マシーネンクリーガー SK362 Pnzer Spahwagen オスカル初期型 Amazon     Waveから出てるオスカル初期 ...

もっと

 

製作/Assemble

マシーネンクリーガー スノーマン
【スノーマン/スノーボール②】日東キットとレジンパーツで寒冷地仕様S.A.F.S作るで

日東キットとレジンパーツで寒冷地仕様S.A.F.S作るで アジアの一員スノーマンってカッチョいいよな。 でも、waveのスノーマンって全然売ってないしこれはちょっと自分で頑張って作ってみようかな。 つ ...

自作撮影ブース
自作の撮影ブース作ってみました

自作の撮影ブース作ってみました せっかく頑張って作って、塗装してみてもなかなか上手に写真が撮れないんですよね。 なかなかモノを撮影するっていうのは奥深いです。 とりあえず第一歩として撮影ブースを作って ...

マシーネンクリーガー ガチャーネン
【ガチャーネン】改造してプラウラー作りました

【ガチャーネン】改造してプラウラー作りました 【完成】完成は2019初夏だったと思う。日東のプラウラーを手に入れたけど、ガチャーネンでもちょっとやればできるんじゃないかと作ってみました。結構気に入って ...

もっと

 

塗装/Painting

マシーネンクリーガー オスカル
【初期型オスカル⑦】砂漠ウェザリングして完成させました

砂っぽい感じにウェザリングをして完成しました!   俯瞰で見てみてー 前面に砂がこびりついた感じにしました。 しましたが、一員としてはまだまだやりようはあった気がします。。。 アジアの一員次 ...

シーピッグ マシーネンクリーガー
【シーピッグ】購入の背中を押すキットレビューと製作と塗装のポイント

シーピッグを買おうと迷っている人に向けて 可愛い豚鼻シーカーに心を奪われて購入したはいいけど、 自分に作れるか迷ってこのページに訪れたモデラーのために、 キットの内容物と製作時に気をつけたポイントを紹 ...

マシーネンクリーガー オスカル
【オスカル初期型⑥】白い認識帯を描くときにコツ

【オスカル初期型⑥】白い認識帯を描くときにコツ 塗装ができてきたので、これに白い認識帯を描いていきます! 白はもっとも筆のタッチがでるんですよね。 普段から筆のタッチを意識して出していこうとしてるんで ...

もっと

 

リカバリー/Recovery

マシーネンクリーガー オスカル
【オスカル初期型④】塗装した後に鋳造表現したくなったときの方法

【オスカル初期型④】塗装した後に鋳造表現したくなったときの方法 最近、筆塗りをもっと上手くなりたいなと思い、 アクリル塗装の教科書みたいな本を買いました。 その1つの学びの中に、下地を立体的に盛ること ...

ラッカーパテ
ラッカーパテでのリカバリー方法をバルタン星人で図解します

ラッカーパテでのリカバリー方法をバルタン星人で図解します ラッカーパテの使い方をステップバイステップで紹介します。バルタン星人の手?の付け根に空いた穴をラッカーパテで埋めてみます。ちょっとした凹みなら ...

ファルケをリペイントしてヨ式1年塗りしてみました

ファルケをリペイントしてヨ式1年塗りしてみました 昔に作った模型を改めて見てみると、未熟な塗装が気になりますよね。 それは、自身が塗装の技術が少しずつ進化していたった証で嬉しい反面、 飾っているとなん ...

もっと

 

\Q&A充実してます/

駿河屋スタッフ募集中

アジアの一員
陰キャだからこそ働ける職場はここです

 

 

ホームへ

 

\フォロワーにシェア/

Copyright© アジアの模型 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.