運命の導きで手に入ったロビー・ザ・ロボット記念日

ロビー・ザ・ロボット

運命の導きで手に入ったロビー・ザ・ロボット記念日

これからこの日は、祝日にします。通年的に年休を取って祝日にさせてもらいます。

大阪のでんでんタウンにある駿河屋でマシーネンクリーガーを物色したあと、
レジ付近のおもちゃコーナーを横切ったときに不意に右目の右端にこのロビーを捉えました。
その瞬間に左脳と右脳に造影剤を流されたような熱さを感じたのを最後に、気づいたらロビーを持ってビルを出てました。

つまり、中古屋さんで普通に見つけて、ニヤニヤしながら購入させていただきました。

ロビー・ザ・ロボット

家に帰ってモデリングブック2を見返してみると

モデリングブック2に掲載されているロビーと一緒のものを手に入れたことに初めは気付きませんでした。

アジアの一員
1回モデリングブック2を読みたのにやで

まさか同じものを手に入れてるとは思って無くて、軽い気持ちで分解して合わせ目消しをしてました。

ロビー・ザ・ロボット

このクリアカバーがなかなか外しづらい構造になってます。

 

ロビー・ザ・ロボット

胴体が半分に割れることを知らずに、溶きパテを塗り塗りしてます。

とりあえず、合わせ目を処理したあとにもう一度モデリングブック2を読んでみてようやくわかりました

アジアの一員
ついに手に入れてもうたって。

気づいたあと、本にバラバラのボディの写真があり、ボディはモナカで分解できると知りました。
パテごとこじ開けて、溶きパテをラッカー溶剤でフキフキして落としました。

 

パッケージをよーく見よう

ロビー・ザ・ロボット

ちなみに値段はもともとが1,200円で、これが3,800円でした。
かるくアマゾン調べると5,000円くらいで手に入りますね。

 

ロビー・ザ・ロボット

この裏の増田屋って書かれてます。
増田屋っていい会社なんだろうな。これちょうどいいもん。

信じられないくらい1/20のサイズ感です。

 

ロビー・ザ・ロボット

ここにロビー・ザ・ロボットの説明が書かれてます。
なにげにこのロビー・ザ・ロボットがC3POのもとになってるんですね。

ロビー・ザ・ロボットのデザインは日系の人説があるらしく、ライトセーバーも黒澤映画の影響らしいので
そーするとスターウォーズってだいぶ日本の影響受けてるんですね。

逆に考えるとアジアの辺境にある鎖国してた島国が武器一本で誇り高く戦ってたって浪漫いかついですよね。どー考えても。

キットレビュー

出来上がってるものをわざわざ分解して、キットレビューしてます。

ロビー・ザ・ロボット

こんな感じにすべて接着はされてないので分解できます。
サイズ感はちょうど1/20な感じで、マシーネンクリーガーのフィギュアとぴったりです。

 

ロビー・ザ・ロボット

裏面はこんな感じ。先生が作ったロビーはお腹の蓋が開閉可能に改造されてますが
これ裏面からアクセスして切り飛ばすんでしょうか?

骨がありそうです。

 

中に紙が入ってました

ロビー・ザ・ロボット

岡山県のテーマパークであるおもちゃ王国の広告が入ってました。

 

ロビー・ザ・ロボット

裏面はこんな感じ。でかいロビーもあるんですね。当時の金額で12,000円は富豪じゃないと買えないですね。

おもちゃ王国は子供と一緒に行くとパパが喜んじゃうパターンですね。
で、嫁興味なさすぎて室内で休憩してるやつになりますね。

 

作る前に禁断の惑星を見よう

ロビー・ザ・ロボット

模型を作るときはまずその作品を観てから、想像力を膨らませて模型を作るタイプなんで、

禁断の惑星のわざわざDVDを購入しました。すでにパッケージがこのロビーなんですね。
これを観てから制作していきます。

最後まで読んでくれておおきに
アジアの一員

 

 

 

\新発売キットは密林が最安/

\探してたキットが見つかる/

駿河屋 検索[マシーネンクリーガー]

 

ホームへ

 

\フォロワーにシェア/

Copyright© アジアの模型 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.