【グローサーフント③】【P.K.A H1】シュトラール3色迷彩してみました

グローサーフント P.K.A. H1

グローサーフントとP.K.A H1をシュトラール3色迷彩してみました

レインボウエッグ様のガレージキットであるグローサーフントをシュトラール3色迷彩で塗装してみました。

そうしてグローサーフントだけだと寂しいので、P.K.A H1も同じ迷彩で塗装していきました。

 

アジアの一員
これはハセガワさんからでてるプラモデルのほーです

 

 

グローサーフント

グローサーフント

 

塗装は、オリーブグリーン、デザートイエロー、チョコレートブラウンとスィーツのような色で塗装しました。

いわいるドイツ3色迷彩らしいのですが、シュトラール軍はドイツモチーフなので親和性がすごく高くバッチリ決まります。

 

 

グローサーフント

 

アジアの一員
グローサーフントって真横が一番かっこいいと思ってるんやけど

この異様なフォルムが最も捉えやすいのは、この真横なんじゃあないかな?って思ってます。

 

 

グローサーフント

 

ふともも裏からお尻まで伸びてるパイピングは位置を中心から外側に変更しています。

塗装段階でずらしたいなーって気づきましたが、マシーネンの作り方は塗装中でも工作の過程にいつでも逆戻りして
ミックスしながら完成を目指すスタイルなので強引に、引きちぎって位置を変更しました。

もちろん、塗装が傷ついたりパーツが破損したりしますが、そーいったときはそのままリペアすることで
よりこってりした仕上がりになってカッチョいいですね。

 

 

グローサーフント

 

背面のホワイトの認識帯はちょっと冒険してみてエンジンのエッジだけホワイトがのるように塗装してみました。

 

 

グローサーフント

 

エンジンや手、首周りのメカメカしいところはコピックで汚してツヤを出しています。
ファレホはつや消しでマッドな仕上がりになりますが、コピックはそのまま置くだけでツヤがでるので質感を変えるのにちょうどいいです。

ファルケのエンジン部分も同じ手法で塗装しています。

【ファルケ④】大きくしたジオラマベースで撮影してみました

大きくしたジオラマベースで撮影してみました 撮影ブースを大きくしたので、撮影用のジオラマベースも大きくしました。背景はジオラマシートを使用しています。 具体的には600 x 450 mmです。ファルケ ...

 

 

グローサーフント

 

いままでは、すべて塗装が完了してから透明パーツを取り付けていました。
ただ、そうなったら透明パーツ無くしてるんですよね。

なので、最近はサフを吹いたあとに透明パーツを取り付けてなくさないようにしています。

 

 

三色迷彩

 

塗装皿はこんな感じです。

梅皿も持ってるんですが、ファレホだとアクリルの皮膜をつくるのでキレイにしずらいんです。

デザートイエロー、オリーブグリーン、チョコレートブラウンを隣同士に出して
それを混ぜた手前側の色を使って塗装しました。

モデリングブック2にかかれていますが、
迷彩はそれぞれの色を少しづつ混ぜることで明度と彩度が下がりグレイがかった色になります。

こうなることでそれぞれの色の主張がおさまりマイルドな迷彩色を描くことができます。

こんかいはすごく勇気を出して混ぜれたので、この仕上がりは気に入っています。

 

 

【P.K.A H1】シュトラール3色迷彩をグローサーフントと合わせて塗りました

グローサーフント P.K.A. H1

 

P.K.A H1も同じ塗装方法で塗装しました。

すっごく塗装をどうしようか放置して乾燥させていたP.K.A H1をグローサーフントと合わせてシュトラール3色迷彩を施しました。

 

 

 

P.K.A. H1

 

P.K.A の初期型H0ではなくH1のほうで作りました。

前のエプロンが大きくなっているのがめちゃんこ可愛いですよね。

 

 

P.K.A. H1

 

こんな可愛いスーツに乗ってるのに、なにか懸命に訴えてるポーズなのが可愛さに拍車をかけています。

 

 

P.K.A. H1

 

背面の認識帯は大胆に塗りました。

エンジンのブラックとコントラストをつけて強調しています。

 

 

P.K.A. H1

 

グローサーフントと一緒に塗装したので、同じ部隊にいるような雰囲気を出せてると思います。

交互に塗装していくことで、乾燥時間を確保して塗り切ることができました。

 

 

グローサーフント P.K.A. H1

 

背番号はつけたんですが、部隊マークはまだ貼ってないです。
またこの迷彩を塗った機体ができたら、3体で同じ舞台マークにしようと思ってます。

一旦これで完成ということにします。

 

アジアの一員
これはハセガワさんからでてるプラモデルのほーです

 

グローサーフント P.K.A. H1
【グローサーフント③】【P.K.A H1】シュトラール3色迷彩してみました

グローサーフントとP.K.A H1をシュトラール3色迷彩してみました レインボウエッグ様のガレージキットであるグローサーフントをシュトラール3色迷彩で塗装してみました。 そうしてグローサーフントだけだ ...

マシーネンクリーガー グローサーフント
【グローサーフント②】ケーブルとスプリングとシュレックのフタ

ケーブルとスプリングとシュレックのフタ レインボウエッグ様のグローサーフント製作の後編です。 ほとんど組み上がってきましたが、ケーブルや足のスプリング、あと鬼門だったシュレックのフタについてまとめまし ...

マシーネンクリーガー グローサーフント
【グローサーフント①】伝説のガレージキットを組み立てていきます

伝説のガレージキットを組み立てていきます ついに手に入れることができました。この伝説のガレージキットを! モデリングブックの最初のページにこのグローサーフントのガレージキットを紹介してるんですが、 は ...

 

最後まで読んでくれておおきに
アジアの一員

 

 

\東京、大阪、札幌、静岡で募集中/

駿河屋登録制アルバイト募集中

アジアの一員
休日に交通費もらって駿河屋で働いたあとプラモ買って帰れるやん

マシーネンクリーガーの始め方/How to start Ma.k

 

step
1
世界観とカンタンな歴史

マシーネンクリーガーのはじめ方【初心者向け】

マシーネンクリーガーのはじめかた 模型誌やらTwitterやらでたまに見かけるマシーネンクリーガーってよく知らないけどめっちゃかっこいいですよね? アジアの一員このページに訪れていただいた方は、 wi ...

step
2
製作についての心得

マシーネンクリーガー ケーニヒスクレーテ
マシーネンクリーガーの塗装と製作

誰でもできるマシーネンクリーガーの作り方 このページは 模型雑誌やSNSでチラッと通り過ぎるめちゃくちゃかっこいいマシーネンクリーガーだけど、いまいちどうやって作っていいかわからない。筆での塗装は敷居 ...

step
3
必要な工作テクニック

ゲート処理
マシーネンクリーガーの工作テクニックを完全網羅まとめ

マシーネンクリーガーの工作テクニックを完全網羅します マシーネンクリーガーを始めようとしたときに、どんな模型テクニックが要求されるのかわかりませんよね? 実は、初歩的な模型テクニックのみを組み合わせる ...

 

最新の記事/Recent

シーピッグ マシーネンクリーガー
【シーピッグ】購入の背中を押すキットレビューと製作と塗装のポイント

シーピッグを買おうと迷っている人に向けて 可愛い豚鼻シーカーに心を奪われて購入したはいいけど、 自分に作れるか迷ってこのページに訪れたモデラーのために、 キットの内容物と製作時に気をつけたポイントを紹 ...

ファルケをリペイントしてヨ式1年塗りしてみました

ファルケをリペイントしてヨ式1年塗りしてみました 昔に作った模型を改めて見てみると、未熟な塗装が気になりますよね。 それは、自身が塗装の技術が少しずつ進化していたった証で嬉しい反面、 飾っているとなん ...

SG初期型 レインボウエッグ マシーネンクリーガー
【SGプラウラー初期型】ファイヤーボールをレジンキット改造していきます

【SGプラウラー初期型】ファイヤーボールをレジンキット改造 レインボウエッグ様のレジン改造キットを手に入れることができました。 素体キットはwaveのファイヤーボールです。バックアップがレジン改造キッ ...

 

シャッフル記事/Shuffle

マシーネンクリーガー S.A.F.S
【S.A.F.S①】味わい深い日東キットレビュー

味わい深い日東キットレビュー たまたま見つけた街の古いおもちゃ屋さんに寄るのが最近の楽しい趣味になってるんですが そこで、日東のS.A.F.Sが吊るされているのを発見しました。 目を輝かせながら購入し ...

マシーネンクリーガー ガチャーネン
【ガチャーネン】A.F.S完成したで!サンドカラーで塗装しました

【ガチャーネン】A.F.S完成したで!サンドカラーで塗装しました 【完成】完成は2019晩夏だったと思う。ガチャーネンのA.F.Sは作っなかったので作ってみました。 【 工作 】合わせ目消し、パーティ ...

マシーネンクリーガー グッカー ケッツァー
【ケッツァー/グッカー④】スプリング工作めっちゃカンタンにできる方法

ラッカーパテの乾燥しているあいだに   ほかのパーツもどんどん組み込んでいきます。 1日あたりに少しづつしか模型の時間は取れませんが、 乾燥時間ならいっぱい取れるので、気長にパテの修正をしな ...

 

\買取金額が商品の検索でわかる/

買取強化

アジアの一員
贖罪への道へいざなってくれはる

 

キットレビュー/Review

マシーネンクリーガー S.A.F.S
【S.A.F.S①】味わい深い日東キットレビュー

味わい深い日東キットレビュー たまたま見つけた街の古いおもちゃ屋さんに寄るのが最近の楽しい趣味になってるんですが そこで、日東のS.A.F.Sが吊るされているのを発見しました。 目を輝かせながら購入し ...

マシーネンクリーガー A.F.S
【A.F.S Mk.II】やっぱりカッチョいい日東キットレビュー

やっぱりカッチョいい日東キットレビュー 中古でA.F.Sを購入しました。 現時点でまだ作っていないんですが、 ハインリッヒと組み合わせてスキンヘッドにしたり、A.F.Sをメンテンススタンドに飾ったり ...

ロビー・ザ・ロボット
運命の導きで手に入ったロビー・ザ・ロボット記念日

運命の導きで手に入ったロビー・ザ・ロボット記念日 これからこの日は、祝日にします。通年的に年休を取って祝日にさせてもらいます。 大阪のでんでんタウンにある駿河屋でマシーネンクリーガーを物色したあと、 ...

もっと

 

製作/Assemble

マシーネンクリーガー 陸戦ガンス
【陸戦ガンス】同時に2つ作ったらイカツいスピードで完成した

陸戦ガンスを同時に2つ作ったらイカツいスピードで完成した いままで積んでいた陸戦ガンスに加えて、さらに陸戦ガンスを買ったので同時に作ってみました。 すると、あっという間に2つ完成しました。 ここはこう ...

マシーネンクリーガー クラッフェンフォーゲル
【クラッフェンフォーゲル②】細くて薄いパーツをランナーから切り離すとき、割れてまうやつ回避すんで

細くて薄いパーツをランナーから切り離すとき、割れてまうやつ回避すんで こんなパーツですね。 これどれだけ慎重に切ってもパーツ割れてしまう。 普段はあんまり気にしませんでしたが、このクラッフェンフォーゲ ...

マシーネンクリーガー グッカー ケッツァー
【ケッツァー/グッカー③】レジンパーツ組み込みはラッカーパテで隙間埋め

レジンパーツを組み込んでいきました レジンパーツの下準備が終わったので、背中のパーツを組み込んでいきます。   プラモデル1/20 GUSTAV -グスタフ- 「Ma.K. マシーネンクリー ...

もっと

 

塗装/Painting

ファルケをリペイントしてヨ式1年塗りしてみました

ファルケをリペイントしてヨ式1年塗りしてみました 昔に作った模型を改めて見てみると、未熟な塗装が気になりますよね。 それは、自身が塗装の技術が少しずつ進化していたった証で嬉しい反面、 飾っているとなん ...

グローサーフント P.K.A. H1
【グローサーフント③】【P.K.A H1】シュトラール3色迷彩してみました

グローサーフントとP.K.A H1をシュトラール3色迷彩してみました レインボウエッグ様のガレージキットであるグローサーフントをシュトラール3色迷彩で塗装してみました。 そうしてグローサーフントだけだ ...

マシーネンクリーガー スノーマン
【スノーマン/スノーボール③】冬季迷彩にチャレンジしてみた

冬季迷彩にチャレンジしてみた いままで冬季迷彩は1/35のグローサーフントとガチャーネンのラクーン、A.F.Sでやってみました。 その経験を活かして、こってり目な冬季迷彩を塗ってやろうとチャレンジして ...

もっと

 

リカバリー/Recovery

ガチャーネン ランナーパテ
「ラッカーパテは臭いッ!」と嫁に怒られたときのためのランナーパテのやりかた

「ラッカーパテは臭いッ!」と嫁に怒られたときのためのランナーパテのやりかた ありますよね? 基本的にプラモやってると嫁に怒られます。 そのときになかなかの致命的になるのがこのラッカーパテ禁止令 &nb ...

マシーネンクリーガー フクス
【フクス②】落下しちゃったけど、無事に組み上がったで!【ガレージキット】

落下しちゃったけど、無事に組み上がったで! 玄関を出てサーフェイサーを吹きに行ったんですが、 盛大に落下させてしまいましたが、無事に組み立てが終わりました。   写真もそこそこ撮っていたので ...

マシーネンクリーガー オスカル
【オスカル初期型④】塗装した後に鋳造表現したくなったときの方法

【オスカル初期型④】塗装した後に鋳造表現したくなったときの方法 最近、筆塗りをもっと上手くなりたいなと思い、 アクリル塗装の教科書みたいな本を買いました。 その1つの学びの中に、下地を立体的に盛ること ...

もっと

 

\Q&A充実してます/

駿河屋スタッフ募集中

アジアの一員
陰キャだからこそ働ける職場はここです

 

 

ホームへ

 

\フォロワーにシェア/

Copyright© アジアの模型 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.