【ナッツロッカー①】を改造してサンドストーカーにしてみた

マシーネンクリーガー ナッツロッカー

ナッツロッカーを改造してサンドストーカーにしてみた

まだプラモデルキット化されていないサンドストーカーなんですが、めっちゃカッチョ良くて欲しいんですよね。

とずっと考えて積みプラを眺めてると思いつきました。

ナッツロッカーを改造してサンドストーカーにすれば良いんちゃう?って

アジアの一員
1/35スケールのタミヤと組み合わせれば難しくないんちゃう?

 

 

 

とりあえずナッツロッカー作ってみる

マシーネンクリーガー ナッツロッカー

 

難しい改造すると絶対完成しないので、カンタンに。カンタンにを心がけて作ります。

とりあえずホバー部分はそのまま使って、ターレットを換装させるデザインにしてみます。

設定としては

傭兵軍に鹵獲されたナッツロッカーが改造されてサンドストーカーとして運用されてる

というコンセプトで作りました。

 

 

マシーネンクリーガー ナッツロッカー

 

手すりは真鍮線に代えてます。

むかしは、なんで真鍮線に置き換えるんだろうと思ってましたが、
パーティングラインやらゲート跡などの処理をしたのに、強度的に脆くて塗装中に壊れたりします。

アジアの一員
結局、最後に真鍮線に置き換えるリスクあるんやったら時間もったいなくね?

とわかりました。

それに真鍮線のほうがプラよりも精度が出せるので精密な感じが出てカッチョいいですね。

 

ここで使った工具紹介

真鍮線の工作

この3つの工具で真鍮線の工作をしています。
左からエンジニア丸ペンチ、DEEN万能バサミ、KNIPEX強力型ニッパーです。

うんうん。わかってる万能バサミと強力型ニッパーは明らかオーバースペック

丸ペンチのココがおすすめ

これで真鍮線を自在に思い通りの丸みで曲げることができます。

軽くて使いやすいですね。なにより安い!

一員は曲がりシロ真鍮線の太さをちょっとだけアタマに入れながら目分量で曲げていきます。

Amazon

 

 

 

とりあえずタミヤのキット買う

マシーネンクリーガー サンドストーカー

 

ネットの資料や先生の書籍を読んでみると、
どうやらSd.Kfz.232 8輪装甲車とSd.Kfz.222 4輪装甲偵察車からサンドストーカーはできているそうです。

タミヤの1/35は家電量販店でカンタンに買えるし、
マシーネンクリーガーの1/35のパーツだと思えばめちゃ安いです。

ナッツロッカーのホバー部分と組み合わせやすいかな?と思い、大きく展開できるSd.Kfz.222のほうを買いました。

 

 

マシーネンクリーガー ナッツロッカー

 

こんかかんじに取り付けてみました。
意外とナッツロッカーが大きくターレットが小振りなんでどんしたもんか。と悩んで放置してましたが。

結局イデオンのロックマッグの殻(緑のとこ)を繋ぎにして辻褄合わせてみました。

Sd.Kfz.222は網目のエッチングパーツがついてくるんですが、これってサイズ間違ってません?
試行錯誤しましたが、諦めてカモフラージュネットをかぶせてみました。

 

アジアの一員
イデオンのロッグマッグは絶版だから中古プラモ屋で見つけてね!

 

これが楽しい!アクセサリーをつけてく!

マシーネンクリーガー ナッツロッカー

 

これ楽しいですよね!
ジェリカンやらザックやらスコップやらを車体に取り付けていきます。

マシーネンクリーガーの雑誌ってないから、アーマーモデリングなんかの模型誌を読んでるんですが。

あのコマゴマとしたアクセサリー最高やん。
まじで一員もいつかやってみたいと思ってたのでこの機を逃すまいとテンション高くつけていきました。

 

 

マシーネンクリーガー ナッツロッカー

 

アクセサリーは全部タミヤ1/35の車両アクセサリーセットから拝借しています。

でかいジェリカン?なんかはこのためだけにT-62手に入れたってくらいですからね。

 

 

マシーネンクリーガー ナッツロッカー

 

ここらへんでサフを一発吹いてみて全体のバランスを見てみます。

アクセサリーを接着しただけの生っぽい状態だと、
色のコントラストに目が奪われて全体のバランスが分かりづらいので

接着してはサフを吹いて、接着してはサフを吹いて、接着してはサフを吹いて を繰り返して上品さを損なわないように注意します。

 

サフを吹きすぎるとモールドが埋まる!と心配になるかもしれませんが、
ぜーぜん大丈夫です。一度やってみるとそれが無用の心配だと理解できます

 

 

塗装の前にウェザリングしたったらええんちゃう?

マシーネンクリーガー ナッツロッカー

 

キレイに作ってから汚くするんじゃなくて、汚く作っていけば良い。
って横山先生がおっしゃってて、まったくそのとおりやと。

キレイにつくるのは時間かかるし、まじで結局、汚せない。
だから汚く作っていけばいいんや。

っていう。

アジアの一員
ほんま横山先生のおかげで模型作り楽しいもん

 

 

マシーネンクリーガー ナッツロッカー

 

塗装する前にウェザリングの下地を作っちゃうことにしました。

ラッカーパテと溶きサーフェイサーで装甲をゴテゴテにしてみました。

ツルツルの部分を残したりして調子を出してますが。適当ですよね。
仕事終わってヘロヘロでやってるんで適当です。

 

 

仕上げのサーフェイサーを吹いて感動!

マシーネンクリーガー ナッツロッカー

 

組み上がって最後の最後のサーフェイサーってなんでこんな気持ち良いんでしょうか?

アジアの一員
仕事やら家庭やら子育てやらいろんなストレスにまみれてるパパにとってほんとこの小さい机の上は癒やしやわ。

 

あまってるナッツロッカーのターレット部分やらはどーしたものか?と考えながら塗装していきます。
塗装はサンドカラー単色でいこうと思います。後方支援機だしね。

 

 

最後まで読んでくれておおきに
アジアの一員

 

 

 

\新発売キットは密林が最安/

\探してたキットが見つかる/

駿河屋 検索[マシーネンクリーガー]

 

ホームへ

 

\フォロワーにシェア/

Copyright© アジアの模型 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.